本文へ移動

おすすめレシピ

和食のレシピ

柔らかい合鴨の和風ハンバーグ
疲れた体を元気にしてくれる、鴨肉のハンバーグです。

既にミンチがされている商品を使用するため、口当たりは柔らかく
ご年配の方から、お子様まで安心してお召し上がりいただけます。

大葉の緑色がアクセントになり、見栄えも良いため、
ご家族の集まりやお誕生日パーティーなど、テーブルの上に置いたら、
喜ばれること間違いなしです!


【材料 2人前】 調理時間20分

・合鴨入り生団子 20玉 約300g(1玉約15gです)
・長ねぎ 10センチ(みじん切りにしておく)
・大葉 7枚(3枚はみじん切りで使用)
・ニンニクペースト 大さじ1~2(お好みで)
・塩 少々
・黒胡椒 少々
・小麦粉 大さじ2(つなぎに使用)
・ポン酢 大さじ5(下味用3 最後用2)
・みょうが 2個
・カット野菜(付け合わせ用)
・鴨だし 大さじ1(最後にソースを作ります)


【作り方】

①解凍済みの 合鴨入り生団子 を潰す。
※すでにミンチになっているため、形をつぶす程度でOKです。


②小麦粉、長ネギ(みじん切り)、大葉(みじん切り)、ニンニクペースト、
ポン酢(下味用)、塩、胡椒を全部入れ、ゴムベラなど混ぜる。


※鴨の脂は熱に弱いです。混ぜる時はゴムベラ等を
お使いいただき、
手で直接触らないようにしてください。


③粘りが出てきたら、形を整え、大葉をハンバーグの上に貼る。


※ハンバーグの大きさの目安は、直径6~7センチ、
75g×2個が一人前のイメージです。


④形が崩れないように、優しく焼きます。
鴨の脂が出てくるので、油は引かなくても大丈夫です。


蓋をしながら弱火~中火で焦げないよう、10分くらいかけて、
じっくり焼いていきます。

※強火で焼くと、鴨の脂の旨味が流れ出てしまうのでご注意ください。


⑤ハンバーグの裏を見ながら焦げ目がついてきたら、
大葉側を2分ほど弱火で焼きます。


⑥大葉に火が通ったら、h案バーグをフライパンから取り出し、皿に盛り付けます。

⑦ハンバーグを焼いた際に出た油に【ポン酢 大さじ2 】と
鴨だし 大さじ1 】を入れ、沸騰するまで熱を加えます。

⑧ソースができたら、盛り付けたハンバーグにソースを掛けて完成。


混ぜて焼くだけなので、手間はかかりません。


鴨の脂は17℃から溶け出るため、直接素手で触ると脂が溶けだしてしまいます。


素手で触らずに、調理用手袋などご使用ください


手軽に美味しい合鴨ハンバーグは、ソースなどアレンジすれば
洋風にもなりますので、色々とアレンジしてみてください。

2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
大平産業株式会社

〈お客様相談窓口〉
担当者:小池・斉藤・渡邊
〈営業時間〉
平日9時~16時
〒569-0042
大阪府高槻市南大樋町33-1
TEL.072-674-0678
FAX.072-674-0681
TOPへ戻る